道場の紹介(令和元年9月26日)
東百舌鳥公民館では不定期で毎月2回稽古しています。
金岡公民館の大人メンバーが参加された時は10名ぐらいで稽古しております。 通常メンバーは4名ぐらいです。
今回は金岡公民館メンバーの中で年配の方に指導してもらいました。
稽古の技は基本技の相半身片手持ち一教、二教、三教、四教、入り身投げでした。 体格が大きい方も何人かいたので、大きくない人はどうやって技を大きな方に技を掛けるか良い稽古になります。 そのメンバー同士で楽しく稽古し、自分の不得意な所を切磋琢磨してお互いに技を高め合える練習出来るのが良いところだと思います。